CONTACT

就職を目指す障害者のための就労移行支援・就労定着支援はNPO法人ネクスト

利用事例CASES

NECSTを卒業し、新しい職場で活躍されている卒業生のみなさまをご紹介します。
様々な年代・障害を持った方々の就職までのストーリーです。
(時給など掲載情報は当時の内容です。)

  1. ビルド市川

    Jさん(40代・女性)

    働きたい気持ちがあったものの自信がなく、就労継続支援B型事業所に通所していたが、ビルドを利用して挑戦したかった接客の仕事に就く。ジョブコーチの資格を持ったスタッフが定期的に職場訪問し、作業を覚えるコツやミスを防ぐ支援を行い、徐々に職場で活躍できるようになった。2年後、お母様の介護が必要になったため、相談支援事業所や高齢者サポートセンターの担当者と連携をとりながら、仕事を継続している。

    職種:
    店舗での接客・品出し
    雇用形態:
    パート
    給与:
    時給950円
    障害名:
    統合失調症
  2. ビルド市川

    Aさん(40代・女性)

    障害非開示で働いてきた前職までの失敗体験により、何をするにも自信が持てなかったが関係機関の勧めで利用開始。自信を取り戻すためにチャレンジした実習で、同じ作業を繰り返し行うことが得意であることが判明。その強みを活かしてご本人が好きな衣料品を扱う工場に障害者雇用で就職。今では「定年までここで働きたい」と笑顔で話されている。

    利用期間:
    6か月
    職種:
    衣料品の仕分け、梱包
    雇用形態:
    パート
    給与:
    時給950円
    障害名:
    自閉スペクトラム症(ADHD)
  3. ビルド神保町

    Bさん(20代・男性)

    大学中退後、アルバイトを転々とした。多くの仕事でミスが目立ったり、対人関係に苦慮したりして自信をなくした。ビルド神保町で初めて自分以外の発達障害の人と出会い、プログラムを通じて彼らも似たような苦労をしていることを知り、少し安心した。彼らと「うまく働き続けるコツ」を学び合い、自分自身にもその方法を取り入れることができた。

    利用期間:
    9か月
    職種:
    事務補助
    雇用形態:
    契約社員
    給与:
    月給170,000円
    障害名:
    発達障害(自閉スペクトラム症)
  4. ユースキャリアセンター フラッグ

    Cさん(20代・男性)

    フラッグ就労移行支援事業を2回目の利用。前職の失業給付を受給中に次の就職を決めたいとの目標があった。CさんはPC能力高く、ワードもエクセルも得意であったが、前職の事務職では集中しすぎてしまう(過集中)の発達特性が強く出て疲労が蓄積していた。そのため仕事選びをフルタイム勤務から時給にし、作業の区切りが明確な仕事にした。なおかつ細かな手作業が得意である長所が生きる職種に就職することで、現在は安定して勤務している。

    利用期間:
    8か月
    職種:
    事務・軽作業
    雇用形態:
    アルバイト
    給与:
    時給1,020円
    障害名:
    自閉スペクトラム症(ADHD、アスペルガー)

CONTACTお問い合わせ・個別相談申込みはこちらからどうぞ

047-320-0147受付時間:10:00〜17:00(土・日・祝、年末年始除く)

メールでのお問い合わせ